Sympapaのスマートホーム日記

スマートなんとかはスマートじゃない方法でつくられている

新居でHome Assistantを使ってスマートホーム化していること

Sympapaです。

新居へ引っ越して3ヶ月くらい経ちました。
スマートホーム化はHome AssistantによるDIY(と言えるのかはしらんけど)でやっていて、引っ越し後の物理的な環境構築でバタバタしていたのでスマートホームの環境構築の方はボチボチでしたが、漸くやりたかったことの8割は構築が完了した感じです。
そんなワケで今回は、新居においてHome Assistantを使ってスマートホーム化していること、これからしたいことをざざっと書いていこうと思います。

■やっていること

●Home Assistantのダッシュボード設置

リモコンニッチに10インチタブレットを設置してHome Assistantのダッシュボードにし、照明のシーン切替や様々の家のステータス表示をしています。
ニッチには磁石がくっつくクロスの下地を入れてあるので、タブレットは磁石でくっつけあります。
また、ニッチの裏には収納があって、ニッチの目立たない場所に収納へ配線を通すための貫通穴を設けてあり、タブレットGoogle Homeの電源は収納内に設置したコンセントから取っています。


●居室以外の照明の自動化

スマートホーム化の代表格(?)と言えば照明の自動化ではないでしょうか?
我が家では居室以外の全て・・・玄関ホール、シューズクローク、廊下、ウォークインクローゼット、トイレ、洗面所の照明を自動化しています。
このあたりの照明は全てZigbbe接続やWi-Fi接続のスマート電球かスマートシーリングライトで全てHome Assistantと接続しています。
電球タイプのダウンライトは絶滅危惧種となっていますが、E26電球が使用できる断熱材対応のダウンライトの在庫をみつけて採用しました。
工夫した点や苦労している点を少し書いておこうと思います。

・玄関と玄関ホール

玄関と玄関ホールの照明は赤外線人感センサーとミリ波レーダーを使った人存在センサーを組み合わせて自動化しています。赤外線人感センサーだけだと、来客時に玄関で立ち話をしている間に照明が消えてしまう場合があるので、ミリ波レーダーを使った人存在センサーを併用することにしました。
使用しているミリ波レーダーを使った人存在センサーは"Loginovo Zigbee 3.0人体存在センサー ZY-M100-S"です。

・トイレ

トイレの照明は赤外線センサーで自動化するとウ〇チの際に消えるというスーパーなどのトイレで良くあるアレが起きるので、赤外線人感センサー+ミリ波レーダーを使った人存在センサー+ドア開閉センサーを組み合わせてかなり凝った(超面倒くさい)ロジックで自動化しています。ってか、もともと前の家で赤外線人感センサー+ドア開閉センサーのみで自動化していた時にウン〇の時に照明が消えないロジックを作った名残でややこしいままなんですが、ミリ波レーダーを使った人存在センサーでは単純化できるはずです。

・廊下

廊下には途中に収納があるのですが、最初、廊下の両端にだけ赤外線人感センサーを設置したところ、収納をゴソゴソと漁っている時に照明が消えてしまう問題が起きました。
なので収納の中にも赤外線人感センサーを設置しました。
照明を自動で点灯させる際に時間帯によって照明の明るさを自動で変えていて夜中などは暗くしているのですが、収納の中の人感センサーが人感を検出した時には最大照度にするようにしています。

・洗面所

洗面所の照明は自動化すべきか結構悩ましいところです。
我が家の洗面所には洗面台とドラム式洗濯乾燥機と物干しがあります。
最初、赤外線人感センサーを4つ設置して自動化したのですが、洗面台の前で歯を磨いたりしている時にあまり動きが無いと照明が消えてしまうという問題が起きました。
そこでミリ波レーダーを使った人存在センサーによる自動化に変更したのですが、洗濯機の稼働中にミリ波レーダーを使った人存在センサーが検出状態になってしまい照明が消えない問題が発生しました。
現在は、ミリ波レーダーを使った人存在センサーは位置と方向を調整して洗面台付近だけを担当させ、洗面台付近以外のエリア4個の赤外線人感センサーに担当させています。
しかしそれでも、物干しに洗濯物をたくさんかけてサーキュレーターをブン回して乾燥させると洗濯物が暴れてミリ波レーダーが検出状態になって照明が消えない場合があることが最近発覚したのと、洗濯機周りは赤外線人感センサーが担当しているのですがドラムの槽の掃除をしている時に照明が消えてしまったと最近奥様から苦情を受けました。
手動にするか。。。隣にあるウォークインクローゼットと洗面所は結構行き来するので自動が便利ではあるんですよね。

LDKの照明

LDKには2カ所の出入り口があって、ひとつは玄関ホールからリビング付近への出入り口、もうひとつは廊下からキッチン付近への出入り口です。
照明はキッチンの上にあるダウンライトを除き、Home Assistantと接続したスマート電球です。
キッチンの上にあるダウンライトは掃除しやすいようフツーのLED一体型にしたので、Sonoffの壁スイッチに内臓するタイプのスマートスイッチ"ZBMINI L2 Extreme"を使ってスマート化しました。
居室の照明は手動が良いと思うのでLDKの照明は基本的に自動ではなく手動でオンオフするよう構築しており、以下のようなことをやっています。

  • リビング側とキッチン側の2箇所の出入り口にはPhilips HueのDimmerスイッチを取り付けて照明のオンオフを出来るようにしています。リビング側ではリビングの照明を、キッチン側ではキッチンの照明のオンオフとシーン選択が出来ますが、オフボタンを長押しすることによってLDK全体の照明をオフできるようにしています。
  • 照明をオンにした時に、時間帯によって照明のシーンを自動選択して照度や色温度を変えるようにしています。
  • ダッシュボード及びSONY"HUIS"という学習リモコン(廃番)から照明のシーンを変更できるようにしています。
  • LDKは通路を兼ねていて夜中にトイレに行く時なども通ることがあるので、LDKの照明がオフの時にLDKに入るとダウンライトが1つだけ自動で点灯するようにしています。(赤外線人感センサーを設置)
  • LDKにある収納のドアを開けると収納を照らすスポット照明が点灯し、ドアを閉めると消灯するようにしています。

●電気錠

玄関ドアはYKK APのヴェナートD30で電気錠は100Vタイプ、ニッチに操作盤YSKAG B3を設置しています。
前述のとおりニッチの裏側には収納があり、電気錠操作盤の裏あたりの収納の壁に配線用の穴を仕込んであるので、そこにケーブルを通して操作盤のHA端子(JEM-A端子)と収納の中に設置したESP32とを接続し、ESP Homeを使ってHome Assistantと電気錠を接続しています。
LIXILの玄関ドアには屋内側にボタンがあって鍵の操作が出来るし出かける時に機能するオートロックが使えるのですが、YKK APの電気錠は屋内側にボタンが無く解錠するにはサムターンを2つ回す必要があり、外出する時に機能するオートロック機能もありません。入居するまでYKK APLIXILと同じだろうと思い込んでいたのでショックでした(笑)
ってか前の家でQrio Lockを使っていて家族がオートロックに慣れているのでなんとかしろと要求があり。。。
そこで、後付け感はありますがドアにボタンスイッチを貼り付けて、ボタンによる解錠とオートロックをHome Assistantを使って実現しています。
スイッチにはこのタクトスイッチを使いZigbee接続のドア開閉センサーのリードスイッチを外してスイッチを繋ぐことで、スイッチをHome Assistantと接続しています。
まぁ後付け感はなんとかしたいですけど普段見る角度ではさほど後付け感もなく、利便性が勝ってるのでまぁいいか。。。

●窓の鍵の施錠状態検出

窓の施錠状態はダッシュボードに表示し、かつ、どこかの窓が解錠された状態で玄関へ行くと(玄関の人感センサーが反応すると)Goole Nest miniが「窓の鍵が開いています」と喋って警告してくれるようにしています。
どちらかというと防犯用というよりは鍵を閉め忘れて出かけてしまうことの防止用ですね。
施錠状態はZigbee接続のドア開閉スイッチを使って取得しています。
引き違い窓のクレセント錠の方はセンサーを違和感なく取り付けできていますが、横滑り窓の方はちょっと強引(汗)



●空調および温湿度とCO2の測定

エアコンは普通の壁掛けエアコンで各部屋エアコンを採用していますが、全て無線LAN対応のものか無線LANアダプタを取り付けました。
Home Assistantにはカスタムインテグレーション"echonetlite_Homeassisant"を使用して接続しています。
あと、各所にZigbee接続の温湿度計や、ESP32+CO2濃度計(MHZ-19C)を設置してESP HOMEを使ってHome Assistantと接続し、温湿度とCO2濃度をモニタしています。
イマドキの家は気密が高いので換気は大事だし、CO2がモニタできるのは換気がうまく機能しているのかがわかってなかなか良きです。
ちなみに安価な温湿度センサーは湿度の精度がよろしくない場合がありますが、こちらの記事Zigbee接続温湿度計の精度比較をしており、コスパに優れる"IHK-009"を使用しています。

太陽光発電と電気代

採用した太陽光発電のパワコンはオムロン製でEchonet Liteに対応しており"echonetlite_Homeassisant"を使用してHome Assistantに接続しています。
発電量、買電量、売電量や瞬間発電電力、瞬間使用電力などが取得できます。
太陽光発電は本当にお得な投資なのかを検証するために(?)、電気代と売電金額の自動計算および、太陽光パネルが無かった場合の電気代の自動計算をして、太陽光パネルでお得になった額なども表示するようにしています。
まだテスト中ですが、来月くらいからは「太陽光パネルは本当にお得か?」って記事を書くと思います(笑)

エコキュート

最近その界隈(?)で話題になっているのが「おひさまエコキュート」です。
オール電化の家庭の場合、電気消費量の30%はエコキュートだと言われています。もともとエコキュートは安い夜間電力を使って夜中にお湯を沸かしてしまい貯めておけばオトクって発想の給湯器ですが、昨今は夜間電力料金もさほど安いわけではなく(我が家の場合現時点27円/kWhくらい)、また太陽光発電の余剰電力を売電しても16円/kWhくらいにしかならないので、太陽光パネルが載ってるなら昼間にお湯を沸かした方がオトクって発想のが「おひさまエコキュート」です。
私も新居に太陽光パネルを載せたので「おひさまエコキュート」を採用しようかと悩みましたが、私の住んでいるところはあまりお天気がよろしくなく冬は屋根に雪が積もる場合もあるので昼間に沸かさない方が良いと思われる日が結構多いのと、家を建てた工務店仕入れを得意としている三菱のエコキュートの場合「おひさまエコキュート」だと機能がショボくて割高になるので、やっぱり深夜にお湯を沸かすタイプの普通のエコキュートを採用してHome Assistantで制御することにしました。Echonet Liteに対応させるため無線LAN対応リモコンを導入しています。
そんなワケで、翌日の予想発電量が25kWhを超える場合は深夜の沸き上げを強制停止して翌昼間に沸き上げする制御をHome Assisatntを使って自動でやっています。
25kWhっていうとエコキュートの沸き上げを昼間に行ってもまだ余剰が出てしまうのですが、今のところ翌日の発電量の予想精度がそんなに高くなく、特に予想が20kWh未満の時には精度が低くて半分程度しか発電しない場合があるので高めの設定にしています。
ただし予想が25kWh未満で夜中に沸かしてしまった場合も、昼間に余剰電力が1kWを超えてきた場合には追加の沸き上げを補助的に行うことで、その次の沸き上げ時の消費電力を抑制できるようにしています。
発電量の予想には、"Solcast solor"というサービスと、そのAPIを使ってHome Assistantに取り込むカスタムインテグレーション”ha-solcast-solar”を使用しています。

●食洗機

以前の記事でも書きましたが、たまに食洗機に入っている食器が「これ洗ってあるの?ないの?」ってなることありませんか?我が家だけかな(笑)
なので、いつ洗い終わったかを知ることが出来るようにしました。
採用したミーレの食洗機は無線LAN対応モデルではないのでHome Assistantとの接続は諦めてましたが、食洗機用の200Vコンセントと自動水栓用の100Vコンセントがキッチンの奥の手が届く場所に設置されていたので、200Vコンセントに延長ケーブルをかませ、ESP32に繋いだCTクランプセンサーで電流を拾って洗い終わったことを検出できるようにしました。
ESP32とHome Assistantとの接続にはESP Homeを使っています。
ダッシュボードに洗い終わった時間を表示させています。

●洗濯機

我が家の東芝製ドラム式洗濯乾燥機は選んで買ったわけではないのにWi-Fi接続対応です。まぁ出来ることは単にアプリに「乾燥始まった」とか「洗濯終わった」とか警告とかの通知が来たり、アプリで残り時間を見たりできるだけですけど。
APIが公開されていないのでダッシュボード用のタブレットに届いた通知を検出して、ダッシュボード上に洗濯機の状態を表示したり、Google Homeから音声で「洗濯が完了しました」と喋らせたりしています。

●郵便ポスト

今時の住宅では断熱性や気密性を確保するため、壁を貫通するポストをは採用しないのが一般的です。もちろんお金さえ出せば断熱気密処理された壁を貫通するポストも無いわけではありませんが特殊で高価です。
なので普通の壁に取り付けるポストを採用したワケですが、ポストに郵便物が入っているのか家の中からは判らないし取ることもできません。
ポスト周りに電源が無いのでZigbee接続のドア開閉センサーを使って、投函口の蓋が開いたら「郵便物あり」、郵便物を取り出す蓋を開いたら「郵便物なし」とみなしてダッシュボードに表示させえています。

●ロボット掃除機

ロボット掃除機なんて基本はフルオート動かせば良いんですが、「今すぐここを掃除して欲しい」ってこともありますよね。
スマホを取り出してアプリを起動してってやるのはちょっと面倒なのと奥様が使いこなせないので、ダッシュボードからワンタッチで部屋やエリアを選んで掃除出来るようにしています。
我が家のロボット掃除機はEcovacsのDeebot X1 OMNIで、Home Assistantとの接続にはカスタムインテグレーション"Deebot4homeassistant"を使っています。
(最近、このカスタムインテグレーションはHome Assistantの純正インテグレーションとして組み込まれたみたいです。)

●観葉植物

今まで観葉植物とかあまり興味がなかったのですが、インテリアとして置いてみたら結構ハマってしまいました(笑)
しかし、水はやり過ぎてもいけないので加減が難しく、”サスティ”っていうアナログな土の水分インジケータみたいなのを買って使ってみましたが、定量的ではないので結局良くわからず。。。
そこで、Bluetoothで接続できるデジタルな水分計”Flower care”ってのを購入してダッシュボードに水分を表示させています。
それぞれの観葉植物の元気がなくなって来る水分が数値で判るので、それぞれの最適な水やりをすべき水分量をみつけて閾値を設定しダッシュボード上で警告を出すようにしています。
あと、ログを見れば前回いつ水やりをしたかが簡単に判るのも良きです。
”Flower care”の白いグローバルバージョンだと、Home AssistantからはXiaomi BLEデバイスとして認識され簡単に接続できます。
”Flower care”は日本でも結構出回っているようですが法外な価格なのでAliexpressで買いましょう(汗)

■今後やりたいこと

●カーテンの自動化

現在カーテンロボットは導入していませんが、リビングの掃き出し窓に導入したいと考えています。
現在日本で買えるものでHome Assistantと接続できそうなのだとSwitchbotか+Styleの2択だと思いますが、Amazonのレビューを見ると+Styleのはパワー弱そうですねぇ。Switchbotのが酷評は少ないですが、それでも星3つのレビューでさえ結構よろしくないことが書かれていたりします。条件が揃わないとまともに動かないいわゆる「好きな人用デバイス」の臭いがプンプンしますが、その割に普通の人が手を出してしまうようです(笑)
AliexpressでTuya系のを買ってもいいんですが、ここは返品可能なAmazonでSwitchbotのを買うのが無難ですかねぇ。

●空調の自動化

家はそこそこ高気密高断熱で第1種換気による熱交換もしているし太陽光もあるので24時間空調もやってみたいと思っていますがやっぱり電気代がねぇ。。。
まぁでも各所に温湿度センサーも設置したしHome Assistantで温度設定などを自動制御すれば、電気代を抑えつつ家中快適温度とか結露リスクを回避するなんてのも夢ではないかもしれません。
加湿器も欲しいなぁ。。。

●芝生の水やり

なんとなく庭に天然芝を植えましたが、手入れがなかなか大変だと聞きます。
夏場は毎日水やりをしなくてはいけないと知ってはいましたが、入居後に「1㎡あたり8リットル」とかいうとんでもない量の水やりをしなくてはいけないと知り驚愕しています(笑)
水道代も馬鹿にならない気がしますが、それよりも手間というか時間が。。。(汗)
そんなワケで水やりの自動化は決定事項です。(笑)



というわけで久々にスマートホーム化のこと・・・新居においてHome Assistantを使ってスマートホーム化していること、これからしたいことをざざっと書いてみました。
今後ぼちぼちとそれぞれの詳細を書いていくと思いますが、ネタがありすぎて全部書くのに5年くらいかかりそうです(笑)
もし興味があるものがありましたらコメントに書いていただければ、そのネタを優先的に書きたいと思います。


それでは。

Wi-Fiの問題を「相性」で片づけることにしたハナシ

お久しぶりのSympapaです。
新居に住み始めてから3ヶ月ちょいになりました。
Home Assistantによる新居のスマート化は着々と進めておりやりたかったことは8割方完了しました。
なのでブログネタは推定5年分(笑)くらい溜まっていますが、なかなか書いている時間がなく。。。
そんな中Wi-Fiのお悩みが発生したので書いておこうかと思います。


引っ越し後の3カ月間、我が家のネットワーク・Wi-Fi環境は以下のようになっていました。
・AP-1: 最近買ったBuffaloのWi-Fi 6E対応モデル・・・ルーター、1階の5GHz Wi-Fi担当
・AP-2: 数年前に買ったBuffaloのWi-Fi 6対応モデル・・・AP、2階の5GHz Wi-Fi担当
・AP-3: NECの古いの1・・・AP、東側エリアの2.4GHz Wi-Fi担当
・AP-4: NECの古いの2・・・AP、西側エリアの2.4GHz Wi-Fi担当


流行りのメッシュも気になるところですが、メッシュは非構築で4台のAPを有線で接続し異なるSSIDで運用。
我が家には2.4GHzにしか対応していないIoTデバイスがゴロゴロ転がっているので、2.4GHz専用のAPと5GHz専用のAPに分け負荷を分散しようかなと思いこうなりました。
2.4GHz帯にはHome Assistantで使っているZigbeeもいるのでチャンネルは被らないよう設定しています。


なのですが、ロボット掃除機"Deebot X1 OMNI"をAP-4に接続すると、数時間で断続的にWi-Fiが切断し始め1日後には切断されっぱなしになる問題が。。。
以前、Wi-Fiがちょいちょい切断しお行儀が悪いと書いた"Edison smart ミニシーリングライト”はAP-4に接続していて、暗号化モードを”WPA/WPA2-TKIP/AES”から”WPA/WPA2-AES”へ変更することで安定しています。
なのでアホの一つ覚えでAP-4の設定の色々なパラメータを弄りまくりましたが、どうあがいても改善せず。。。


諦めて、嫌いな「相性問題」という言葉を使うことにしました(笑)
DeebotとAP-4: NECの古いの2との相性がすこぶる悪いのだろうと。
それでAP-4を退役させて4台から3台に減らして以下の構成にし、AP-2には2.4GHzも担当して貰い、そこへ"Deebot X1 OMNI"を接続することにしました。電気代も減るしね(笑)
すると"Deebot X1 OMNI"の接続は絶好調になりました。
こうなると、APは複数あった方が良いし、メーカーも複数あった方が良さそうねってハナシになります。
・AP-1: 最近買ったBuffaloのWi-Fi 6E対応モデル・・・ルーター、1階の5GHz Wi-Fi担当
・AP-2: 数年前に買ったBuffaloのWi-Fi 6対応モデル・・・AP、西側エリアの2.4GHzと2階の5GHz Wi-Fi担当
・AP-3: NECの古いの1・・・AP、東側エリアの2.4GHz Wi-Fi担当


各デバイスの設定をするのは面倒なので、AP-2はBuffaloなのに2.4GHzのSSIDが"aterm-xxxxx"になりました(笑)
って考えると、SSIDはデフォルト設定されているものじゃなくて、最初から我が家のオリジナルなのに変えときゃよかったねって思いました。


まぁそんなワケで小ネタでした。
それでは。

Wi-Fiがちょいちょい切断するのが暗号化モード変更で解決したハナシ

Sympapaです。

ちょっと前に、新居の洗面所とウオークインクローゼットで使おうと思っているお気に入りのスマート照明”Edison smartミニシーリングライト”のWi-Fiが、条件が揃ってないとちょいちょい切断されるのでWi-Fi嫌いだーという話を書きました。


我が家ではアクセスポイントが3台稼働しているのですが仮にアクセスポイントA,B,Cと名付けたとすると、アクセスポイントAにEdison smartシーリングライトを繋いだ場合、距離にさほど関係なく頻繁に接続が途切れていました。でも他のデバイスをアクセスポイントAに接続しても何の問題もありません。状況的にEdison smartミニシーリングライトは他のデバイスと比較してWi-Fiのお行儀が悪いのだろう思っていますが、Edison smartミニシーリングライトの代替になりそうなスマート照明って無いからなんとして使いたいんですよね。ってか2個買っちゃってるし(><)


じゃあ他のアクセスポイントに接続すればいいじゃんってことになりますが、もうすぐ引っ越す新居でのアクセスポイントとデバイスの配置を考えるとEdison smart ミニシーリングライトはアクセスポイントAに担当して貰いたいのです。


世の中のWi-Fiで通信するスマートデバイスやスマート家電の類の大半は、最近のものであっても2.4GHz帯にしか対応していません。問題のEdison smartミニシーリングライトも2.4GHz帯のみに対応していてガジェヲタの私が住む我が家の2.4GHz帯は混雑しまくりです(汗)
3台のアクセスポイントの2.4GHz帯のチャネルはそれぞれ被らないように設定していますが、どのアクセスポイントが調子悪いとかどのエンドデバイスが調子悪いとかではなく、組合せによっては接続がちょいちょい切断したりします。
ひとつの要因としては、ご近所さんでも同じチャネルを使用しているなどの要因で混雑していることが考えられます。実際、先日の記事で書いたように、Edison smartミニシーリングライトを接続しているアクセスポイントAを混雑しているチャネルから比較的空いているチャネルに変更したところ接続状態が改善しました。


しかし様子見していると、やはりWi-Fi接続が数十秒から数分間途切れる現象が時々起きていました。
途切れる時間の間隔に着目してみると、だいたいですが30分か1時間か2時間か。。。たぶん30分間隔の定期的イベントが発生した時に切断されることがあるんだなと考えました。
そこで問題のアクセスポイントAの設定画面とにらめっこしていたところ、暗号化キー更新間隔が30分だったのでコレがクサいかも?と考えました。
じゃあ暗号化キーの更新間隔を延ばしてみるかとも思ったのですが、3台のアクセスポイントの設定画面を見比べていたところ、問題のアクセスポイントAの暗号化モードは”WPA/WPA2-TKIP/AES”になっていて、アクセスポイントBは”WPA/WPA2-AES”、アクセスポイントCは”WPA2-AES”になっているのをみつけました。
んで、問題のアクセスポイントAの暗号化モードを”WPA/WPA2-TKIP/AES”から”WPA/WPA2-AES”へ変更したところ、Edison smartミニシーリングライトWi-Fiがちょいちょい切断する問題が解消しました\(^o^)/
ってかこの際”WPA/WPA2-AES”じゃなくて"WPA2-AES”にした方が良さそうだけど、さて我が家にはWPA2に対応していないデバイスって無いのだろうか?


んで、この暗号化モードなるものが何なのかあまり解っていません。WPA2のがWPAより新しい規格でTKIPとAESは暗号化方式ってことくらい。WPAよりWPA2のがセキュリティに強くてTKIPよりAESのがセキュリティに強いんだろうと思っています。そして、古いデバイスではWPA2に対応していないかもなのでアクセスポイント側でWPAとWPA2、TKIPとAESのどちらにも対応できるモードが選択できるようになってるんだろうと思っています。
一見、セキュリティのリスクを除いては”WPA/WPA2-TKIP/AES”を選択しておけば多くの方式に対応できて互換性が高まりそうですが、そのモードにしておくと不安定になるなんてこともあるんですね。
Edison smartミニシーリングライトが暗号化キー更新の度に「おいお前、WPAなのかWPA2なのか、TKIPかAESかどっちなんだよ?」って迷って切断されてしまうのでしょうか?(笑)


まぁそんなワケで備忘録として、そしてEdison smartミニシーリングライトWi-Fi切断にお悩みというまずほとんど存在しなさそうな人のために書いてみました(笑)
それでは。

スマートホーム関連の引っ越したらやることリスト

Sympapaです。


あと2週間くらいで新居へ引っ越す予定です。
引っ越したら当然誰でもバタバタすると思いますが、照明の設置やらLAN関連の設定やらHome Assistantの設定やらでスマートホームヲタク的には大忙しですね(笑)
そんなワケで、スマートホーム関係の引っ越したらやることリストを書こうと思います。
基本はHome Assistantでスマートホーム化しますが、Google Homeの設定も必要ですね。


1) 玄関周り・トイレ・階段・廊下の照明自動化
何はなくともまずは照明の自動化です。居室以外は全て自動化する計画ですが、まずは今までも自動化していた場所から手を付けます。
Home AssistantによるDIYが前提なので、防水が必要な屋外の照明以外は人感センサー付の照明を設置していません。また、イマドキのダウンライトはLED一体型が主流ですが、スマート電球が使えるように一部を除いてはあえてE26電球型のダウンライトを採用しています。
基本は赤外線人感センサーを使って自動化しますが、トイレは既にTuyaのミリ波センサーと赤外線センサーを組み合わせて自動化しているのでそれをそのまま移植します。


2)シューズクローク・ウオークインクローゼット・洗面所・収納の照明自動化
今まで自動化していなかった洗面所・収納、あるいはそもそも今住んでいる家には無かったシューズクローク・ウオークインクローゼットの照明も自動化します。
ウオークインクローゼットと洗面所は赤外線人感センサーでは思った挙動を得ることが難しそうなのでトイレと同じくTuyaのミリ波センサーも使って自動化する予定です。
シューズクロークは狭いし赤外線人感センサーでいけるかな。
ドア付き収納は照明は設置していませんがほとんどの収納内にコンセントを設置したので、必要に応じて照明を取り付けようと思っています。収納の照明の自動化はドア開閉センサーと連動させれば良さそうですね。


3) Home Assistantのダッシュボード設置
リモコンニッチに10インチタブレットを設置してHome Assistantのダッシュボードにし、ダッシュボードから照明のシーン切替をしたり家の状態を確認できるようにします。
ダッシュボードは既にだいたい組み立ててあって下の画像のような構想ですね。引っ越し準備で一部センサーが段ボール箱の中なので、Unavailableとかunknownになっちゃってますが(汗)
ちなみに現在もやっているのですが、トイレが使用中かどうかをリビングなどから確認できるようにするのは地味に便利でおススメです。


4) LDKの照明環境構築
明るさと色温度をシーンで切り替えられるようにし、それをHome Assistantのダッシュボードと赤外線リモコンで操作できるようにする予定です。赤外線リモコンはSONYのe-inkディスプレイ付き学習リモコン:HUIS(廃番)を使います。このリモコン凄くいい(高いけど)ので似たようなの発売されないかな。。。
LDKのほとんどはスマート電球によってスマート化させますが、キッチン上のダウンライトはLED一体型のものを設置したので壁スイッチを設置予定です。



5) 居室の照明環境構築
居室にもスマート照明を設置しますが、個人的には居室はスイッチによる操作が良いと思っています。
LDKだけは間取りの関係でドアからスイッチが少し遠くなったのと今時っぽく(?)LDKが通路代わりでもある間取りなので、とりあえずLDKに入ったら1つだけ自動で照明が点くようにして、ドアからスイッチが遠い問題はZigbee接続のリモートスイッチを壁に貼り付けて対処しようかなと思ってます。
パナさん、アドバンスやコスモワイドの形をした薄型のMatter対応リモートスイッチを発売したら需要あるんじゃないでしょうか?(笑)


6)窓の鍵の施錠状態検出
これは現在もやっているのですがHome Assistant初心者の時に強引に組み立てたオートメーションをそのまま使用しているし当然ながら窓の配置や数も違うので、このあたりの見直しが少し必要です。
あと、引き違い窓のクレセント錠の形状も変わるし、現在住んでいる家にはなかった滑り出し窓も多いので、センサーの物理的な取り付け方法の見直しも必要ですね。


7) 電気錠とHome Assistantの接続
新居にはYKK APの電気錠付玄関ドアを採用しました。電気錠は100Vタイプでニッチに操作盤YSKAG B3を設置しています。
操作盤にあるHA端子(JEM-A端子)とESP32を繋ぎ、ESP Homeを使ってHome Assistantから操作できるようにする予定です。
採用したドアの実物を見たらスマートキーの仕様が思っていたのと違い、内側にはボタンが無く解錠するにはサムターンを2つ回すしかないのと外出する時に機能するオートロックが存在しないので、Zigbee接続リモートボタンでの解錠とオートロックをHome Assistantで実現したいと考えています。
sympapa.hatenablog.com


8) エアコンとHome Assistantの接続
エアコンは全て無線LAN対応アダプターを付けるか元々無線LAN対応のものにしたので、echonetlite_Homeassisantかechonetlite2mqttを使いEconet Lite経由でHome Assistantに接続します。
まぁこれをやるメリットは外出先や別の部屋からエアコンを操作できることくらいなので後回しでいいかと思いつつ、手間がかからんし家族それぞれ用にスマホダッシュボードを用意する予定なのですぐやるでしょう。


9) 太陽光発電とHome Assistantの接続
採用した太陽光発電のパワコンはオムロン製でEchonet Liteに対応しています。
なのでEchonet Lite経由でHome Assistantに接続できるはず。
オプションの電流センサーは付けていないので取得できるのは発電量と全体の消費量くらいだと思いますが、発電量に応じて昼間にエコキュートを沸き上げさせるとかエアコンを自動で調整するとか、発電量が多くて消費量が少ない日はダッシュボートに「もっと昼間に電気を使え」と促す表示をするとか夢は広がります(笑)


10) エコキュートとHome Assistantの接続
太陽光発電を採用したので昼間にお湯を沸かす「おひさまエコキュート」を採用しようかと思いましたが、工務店仕入れが得意な三菱製の「おひさまエコキュート」は機能面があまり充実しておらず従来型エコキュートより割高感があるので、従来型の夜間に沸かすエコキュートを採用しました。まぁ時計を昼夜反転させれば解決できるというのもあるし、三菱製の場合むしろ「おひさまエコキュート」の方がお湯を沸かす時間の設定の融通があまり利かないっぽいので、Echonet lite経由でHome assistantで制御するなら従来型エコキュートのが良いと判断しました。
もちろん、エコキュートのリモコンは無線LAN対応でEchonet Lite対応のものを選びました。
太陽光発電の発電量予測に応じて、発電量の多い日は昼間にお湯を沸かし、発電量の少ない日は安価な夜間電力でお湯を沸かすのを自動でやるのが野望です(笑)


11) 食洗機(Wi-Fi非対応)とHome Assistantの接続
たまに食洗機に入っている食器が「これ洗ってあるの?ないの?」ってなることありませんか?我が家だけかな(笑)
なので、いつ洗い終わったかを知ることが出来ると結構便利だと思うんですよね。
でも、新居に採用したミーレの食洗機は無線LAN対応モデルではないのでHome Assistantとの接続は諦めてました。
しかし、食洗機用の200Vコンセントと自動水栓用の100Vコンセントがキッチンの奥の見える箇所に設置されていたのでESP32用の電源も確保できるし、200Vコンセントに延長ケーブルをかませてESP32に繋いだクランプ電流計で電流を拾えば、洗い終わったのを検出してHome Assistantのダッシュボードに洗い終わった時間を表示させることも出来そうですね。まぁこれも電子工作が面倒なので後回しか。。。


12)洗濯機とHome Assistantの接続
我が家の東芝製ドラム式洗濯乾燥機は選んで買ったわけではないのにWi-Fi接続対応です。まぁ出来ることは単にアプリに「乾燥始まった」とか「洗濯終わった」とか警告とかの通知が来たり、アプリで残り時間を見たりできるだけですけど。
APIが公開されていないのでダッシュボード用のタブレットに届いた通知を検出して、ダッシュボード上に洗濯機の状態を表示したり、Google Homeから音声で「洗濯が完了しました」と喋らせたりしています。
これは現在もやっていることなのでそのまま移植するだけですけどね。


13)郵便ポストに郵便物が入っているかの取得
今住んでいる家よりも新居の方が不便そうなモノとして郵便ポストがあります。今時の住宅では断熱性や気密性を確保するため、壁を貫通するポストをは採用しないのが一般的です。もちろんお金さえ出せば断熱気密処理された壁を貫通するポストも無いわけではありませんが特殊で高価です。
なので普通の壁に取り付けるポストを採用したワケですが、ポストに郵便物が入っているのか家の中からは判らないし取ることもできません。
せめて郵便物が入っていることを家の中のダッシュボードで知ることが出来れば不便さは軽減されそうですよね。
ポスト周りに電源が無いのでZigbee接続のドア開閉センサーを使って、投函口の蓋が開いたらステータスを「郵便物あり」にし、郵便物を取り出す蓋を開いたら「郵便物なし」にするって感じでいけるかな。


14)ロボット掃除機とHome Assistant及びUI構築
ロボット掃除機なんて基本はフルオート動かせば良いんですが、「今すぐここを掃除して欲しい」ってこともありますよね。
スマホを取り出してアプリを起動してってやるのはちょっと面倒なのと奥様が使いこなせないので、下の図のようにHome Assistantのダッシュボードからワンタッチで部屋やエリアを選んで掃除させることを妄想しています(笑)
ロボット掃除機の基地は廊下の収納に設置するので、その基地と掃除する目標地点との間にある扉が開いているかもチェックし、開いていなければGoogle Homeから音声で警告してくれるようにもしたいと妄想しています。これは新居の各エリアについて掃除機の座標を取得したりUIを組み立てるのに結構手間がかかりそうなので冬休みの宿題かな。


15) 温湿度計・CO2濃度計の設置
新居は90%全熱交換式の第一種換気を採用しました。基礎断熱の床下を換気に使用するタイプです。
基礎断熱なので床下の換気はこの第一種換気システム頼みになりますが、床下が室内と同じになるのでカビが生えたらシャレになりません。
そんなワケで室内、床下、天井裏の数カ所に温湿度センサーを設置し、結露リスクをダッシュボードに表示したり、露点に近づいたらエアコンを自動で動かして乾燥してやろうなんてことを妄想していますが、まぁ温度と湿度を元にエアコンの制御するアルゴリズムを考えるのが大変そうなので妄想に終わるかも(笑)


16)カーテンの自動化
現在はカーテンロボットは導入していませんが、新居ではリビングの掃き出し窓に導入したいと考えています。
現在日本で買えるものでHome Assistantと接続できそうなのだとSwitchbotか+Styleの2択だと思いますが、Amazonのレビューを見ると+Styleのはパワー弱そうですねぇ。Switchbotのが酷評は少ないですが、それでも星3つのレビューでさえ結構よろしくないことが書かれていたりします。条件が揃わないとまともに動かないいわゆる「好きな人用デバイス」の臭いがプンプンしますが、その割に普通の人が手を出してしまうようです(笑)
AliexpressでTuya系のを買ってもいいんですが、ここは返品可能なAmazonでSwitchbotのを買うのが無難ですかねぇ。


17)シューズクロークのロールスクリーン自動化
玄関の脇にシューズクロークを設けました。
玄関とシューズクロークの間にはドアを設置せず目隠し用にロールスクリーンを設置しました。
普段はスムーズに行き来したいので開けっ放しで使って来客時のみ閉めたらいいかなと。
んで、来客時にNest Doorbellの呼び出しボタンが押されると、自動で閉まってくれるといいなって考えてます。
ロールスクリーンの開閉を自動化するスマートデバイスで昇降させるビーズチェーンに取り付けるタイプだと、Aqara Roller Shade Driver E1が評判良さそうですが、2m上げるのに40秒くらいかかるみたい(Aqara以外もそう)だし、これを取り付けた場合に手動でも昇降させることが出来るのかが良くわからんので迷ってます。たぶんこのネタお蔵入りかも(笑)


そんなワケで夢はムクムクと膨らみますが、手段が目的になりすぎないように気をつけないと。。。(笑)
それでは。

YKK AP玄関ドアのスマートコントロールキー(電気錠)の仕様・・・残念かも

Sympapaです。


今回はYKK AP玄関ドアのスマートコントロールキー(電気錠)の仕様のはなしです。スマートホームに興味が無い方にも読んでいただける内容になっています(笑)

ようやく新居の玄関ドアが、工事用ドアからちゃんとした玄関ドアに交換されました。
工務店の標準仕様であるYKK APのヴェナートD30です。
Home Assistantと連携したいので、100V仕様にしてJEM-A端子が付いている操作盤YS KAG-B3を導入しました。

ESP32とJEM-A端子を繋いで操作できるようにするのですが詳しくはこちらの記事をご覧ください。
sympapa.hatenablog.com


そして、ポケットキー仕様を選択しました。帰宅時にカバンやポケットに入れたままでもドアのボタンを押して解錠できるポケットキーと呼ばれるリモコンキーが2個と、カバンやポケットから取り出してドアにタッチすれば解錠できるピタットキーが3個付属しているそうです。
あとBlutooth通信でスマホアプリから操作することもできるようです。

www.ykkap.co.jp


んでですね、現在というか壊れてしまったのでちょっと前までですが、我が家では後付けスマートロックのQrio Lockを使用していてオートロック機能を使用していました。解錠してドアを開けた後にドアを閉めると自動的に施錠されるアレです。
オートロック機能は鍵を持たずに外へ出てしまい中に入れなくなる「締め出し」のリスクはありますが、出かける時にいちいち施錠の操作をしなくて良いのがとても快適すぎて、Qrio Lockが壊れてからは家族のみなさんが施錠を忘れることが時々あったりします(汗)
まぁでももうすぐ引っ越しだし、引っ越せばまたオートロックが使えるからなーと勝手に思っていました。


しかし、新居で玄関ドアが取り付けされたところで愕然としました。
まず、何を見てそう思い込んでいたのか、屋内側にもボタンが付いていていちいち二重ロックのサムターンを2個回さなくてもボタンを押せば一発解錠できると思っていたのに屋内側にはボタンが無く、2個のサムターンを回さないと解錠できません。めんどくせー。施錠する時は二重ロックの上のサムターンをひとつ回せば、下の鍵は自動で施錠されるんですけどね。
内側にボタンを付けておいてそれを押したら両方解錠されるようにしたとしても、セキュリティ的なリスクって増すもんですかね?
ってか内側にボタンがあって解錠できる玄関ドアって今まで内覧会とかでフツーにたくさん見てきたけどアレ他社製だったのか。。。
操作盤だと解錠できるのに変ですね。操作盤をリビングに付けてしまいましたが、コレなら玄関ホールに付ければ良かった。。。


そして、更なる思い込みは「屋内側からボタンを押して解錠した場合はオートロックが使える」「サムターンを回して解錠した場合はオートロックは機能しない」「なのでちょっと外に出る時などオートロックして欲しくない時はサムターンで解錠したらいい」というものです。どこかで見てYKK APの玄関ドアだと強烈に思い込んでいました。
しかし、実際のYKK AP玄関ドアのスマートコントロールキーのオートロック機能は、帰宅時にリモコンキーやタグキーで解錠した場合に一定時間経過後に自動的に施錠するというもので帰宅時にのみ有効であり、外出する時に機能するオートロック機能は無いことが判りました。うーむ不便だ。


まとめると、帰宅時に外側から解錠する時は「ポケットキーとかリモコンキーでワンタッチ解錠可能」、帰宅時に内側から施錠する時は「上のサムターンを回せば下の鍵も施錠されるし、設定すればオートロック機能も使える」、外出する時に内側から解錠する時は「サムターン2個を回す必要がある。」、外出する時に外側から施錠する時は「ポケットキーとかリモコンキーでワンタッチ施錠が可能だがオートロック機能は無い」、という仕様になっていて、外出する時にはサムターンを2個回して解錠し外へ出た後オートロックは使えないということになります。
まぁQrio Lockのオートロックを経験していなければ何も思わなかったのかもしれませんが、私にとってはこれはちょっと謎仕様です。


まぁHome Assistantと連携したいからと無意味に操作盤YS KAG-B3を導入したもののこの連携をどう活用するかなんてあまり考えてなかったのですが、この玄関ドアの仕様を知って「連携できるようにしといて良かったー」ってなりました(笑)
そして「Home Assistantを使って便利にする」お題が出来ました。
引っ越したらバタバタするし、電気錠絡みはESP32を使った電子工作が面倒になるので後回ししようと思っていたけど、優先度を上げる必要がありそうです。
構想としては極めてシンプルですが以下のような感じですかねー。(ドア開閉センサーを使うの前提)


1)Zigbeeのボタンスイッチを玄関の近くに貼り付け、そのボタンを押すと解錠する。
2)ボタンを押して解錠し、ドアを開いてドアが閉まると自動的に施錠する。
3)ボタンを押して解錠した後30秒くらいドアが開かなかった場合は自動的に再施錠する。


ZigbeeWi-Fi経由で鍵を操作するのはセキュリティ的にアレなのかなぁと思いますが、玄関にはGoogle Doorbellがあるし中にもカメラを設置する予定ですしね。


ちょっと良い対策がないかを考えてみます。


それでは。

Wi-Fiが嫌いになった件

Sympapaです。


LANやWi-Fiが欠かせなくなってからかなりの年月が経ちましたが、未だネットワーク関係って素人にはワケがわからんですよねー。ルーターの設定画面なんて半分以上はチンプンカンプン。素人とはいっても私はそこそこのガジェヲタで真の一般人ではないのにワケがわからんので、たぶん凄まじくワケがわからん世界だと思います(笑)
Wi-Fiも難しい。スマートホーム化にハマってからはWi-Fiがちょいちょい切れるのが気になるようになりました。スマートホームバイスなんて通信するデータ量はたかが知れているので速度は要らないはずですが、即応性が必要なのでちょこっとでも切れるととても気になったりします。
我が家では3つのWi-Fiアクセスポイントが稼働していてWi-Fiのチャネルはなるべく被らないようにズラしていますが、どのアクセスポイントが調子悪いとかどのエンドデバイスが調子悪いとかでもなく、組み合わせによってとても最悪な接続状況になったりして、スマートホームバイスを接続するようになるまでは気づいていなかった「相性」らしきものがかなり存在します。
そして相変わらず素人には取り扱えない状況のまま、どんどんWi-Fiで接続するスマートホームバイスや家電が増えてきて、更にそれらの大半は未だに2.4GHzにしか対応していないので混雑も激しくお手上げ感半端ないんです(汗)

もうすぐ引っ越すので、今日は新居でのアクセスポイントの配置とデバイスの配置を考えて、距離が近いアクセスポイントに接続するようにデバイスの設定を見直していたのですが、結構相性問題にぶつかりました。
ひとつはマイデスクトップPCを特定のアクセスポイントに繋ぐと結構な頻度で切断する点。まぁこれは新居では有線LANになる予定なので特に問題ありません。
特に難儀したのは、新居で洗面所とウオークインクローゼットに使おうと思っているEdison Smart ミニシーリングライトです。


この照明、ユーティリティ部屋の照明としてはシンプルなデザインでとても明るくてかつスマート機能がある珍しい存在でかなり気に入っているのですが、如何せんWi-Fiに難があり過ぎて条件によっては数分間連続して接続することも困難なのです。最初はHome Assistantのカスタムインテグレーションから無理くりローカルでアクセスしているので頻繁にアクセスするとポートが閉じるとかの問題があるのかと思っていましたが、いつからかWi-Fiの問題であることは気づいていました。
sympapa.hatenablog.com


たぶんEdison Smart ミニシーリングライトは、混雑しているWi-Fiのチャネルに物凄く弱いんです。
前述したとおり、我が家ではWi-Fiアクセスポイントが3台稼働していますがなるべく被らないようにチャネルをズラしています。でも、Home Assistantで使うセンサーや電球などはZigbee接続のものが大半を占めていて、調べたところZigbeeWi-Fiと同じ2.4GHzを使っているので干渉します。我が家ではZigbeeの11チャネルと15チャネルを使っているので、Wi-FIのチャネル1から5くらいまではモロ被りです。
www.ibsjapan.co.jp


更にAndroidWi-Fi Analizer的なアプリとにらめっこしているとご近所のWi-Fiの電波がチャネル1~7くらいまでひしめき合っていて、Zigbeeも含めてかなり渋滞していそうでした。結果としてはスマートホームバイスに使用するアクセスポイント2台をチャネル9と11に固定したら安定したように見えるので様子見中です。
そういう意味では、新居はガルバリウムの外壁とLow Eガラスの窓によって携帯電話の4Gや5Gの電波が家の中にすごく届きづらい問題を抱えている反面、ご近所のWi-Fiの電波が家の中まで届きづらい環境になるのでとても楽しみですねぇ(笑)


というワケでWi-Fiってワケわからん嫌いだわ~、Wi-Fi接続のスマートデバイスや家電がどんどん増えて厄介だわ~、そもそも相性とかある時点でメーカーさんもワケわかってない部分があるよねというお話でした。
それでは。

[追記]
Edison Smart ミニシーリングライトの問題は最終的に↓こちらの方法で抜本的に解決しました。
sympapa.hatenablog.com

Qrio Lock 逝く

Sympapaです。


私がスマートホーム化にハマったのは2020年のことでした。
最初は確か音声で赤外線リモコン付きの照明やテレビを操作したいと、Google HomeとNaturte Remoを購入したのがきっかけだったと思います。
その次に玄関ドアの鍵を自動化したくてQrio Lockを購入しました。
基本的な機能のひとつであるオートロックだけでも、出かける時にいちいち鍵を閉めずに済んで人の動作を変えるアイテム。解錠をスマホからするのはさほど便利なわけでもありませんでしたが外出先からも施錠状態が確認できて安心。自動で解錠してくれるハンズフリー機能は動作の確実性がいまひとつだったかな。。。いずれにしても便利でQrio Lockの導入はスマートホーム化にハマる大きなきっかけになりました。


そんな我が家のQrio Lock Q-SL2が昨日お亡くなりになりました。モーターが動かなくなったのです。
Amazonの購入履歴によると購入したのは2020年7月。2021年2月にサムターンの位置の検出がおかしくなって交換しているので、そこから数えると2年半くらいの命でした。
ドア開閉の振動も受けるし電子デバイスとしては比較的過酷な環境に晒されるので短命とみるかどうかは微妙ですが、購入当時は25,000円くらいしたので1年10,000円は高いですね。セサミくらいの価格ならまぁこんなもんかってなるでしょうけど。
まぁでもスマートホーム化の便利さと楽しさを教えてくれたQrio Lockなので大目にみときます(笑)


あと1.5ヶ月くらいで引っ越し予定ですが、新しい家には自動ロックが内臓された玄関ドアが付いておりQrio Lockなどの後付けスマートロックは不要になります。
あと1.5ヶ月とはいえオートロックが無いのは不便なので、もう暫く頑張って欲しかったなー。
でも、引っ越したらメルカリに出品しようと思っていたので、売った後すぐに壊れて買ってくれた方に迷惑をかけるなんてことにはならずに済んで良かったと思います。そういう意味ではQrio Lockエラかった(笑)


Qrio Lockの思い出を振り返るためにこのブログを"Qrio"で検索したところ、11件ヒットしました。
sympapa.hatenablog.com


Home Assistantを導入してからは、APIが公開されていないQrio Lockをなんとか力技でHome Assistantと連携してやろうとしていたのを思い出しました(笑)


安らかにお眠りください。アーメン。


それでは。